江田 あざみ野 青葉区の理容室「髪工房」
大人の男のヘアサロン・床屋・バーバー

  • Tel 045-912-6687
  • フェイスブック
  • インスタグラム

「インビクタス」見ました!!

またまたDVD鑑賞しました。今回はクリント・イーストウッド監督の「インビクタス」。

南アフリカで20年ほど前に首相をやったネルソン・マンデラさんのアパルトヘイト対策の映画。

黒人として、初めての首相が、人種差別のない国家をどのようにしてつくるのか。

それにはラグビーだ!!と、ラグビーで白人と黒人が、融合しあい、共存する。

わたくしが、学生の頃、マンデラという名前は聞いたことはあったが、何をした人なのか、気にも留めなかったが、

この映画をみて、「すごいリーダーシップだなぁ!!」と驚きましたhappy02.gif

アパルトヘイトとは、「人種隔離政策」。黒人はここで、暮しなさい、と狭いエリアだけで暮さなければいけないルールを

白人がつくったルール。完全な黒人差別でした。

また、この映画を見て、驚いたことが、マンデラさんは首相就任直前まで、政治犯として、捕まっていた人だということ。

そういう人でも、国のリーダーになっちゃうんだなぁ。

またまた、マンデラさんは首相の当時、家族とは別居していた。

いろいろあったのだろうが、家族とは一緒に暮らしていないのだ。

そんな境遇や現状にもかかわらず、ラグビーで、国家を安定させようとしました。

映画の中でも、マンデラさんはいい言葉を言っている。

「人を許すことが、最強の攻撃だ」や、「人は窮地にたったときには、ヒラメキが必要だ」、「自分自身が自分の魂の指揮官だ」

など、なかなか素敵な言葉を言っています。

わたくしも、この映画をみて、髪工房の店長として、後輩をひっぱる立場として、

ヒントをもらったような気がします。

なんか日本の政治家が、国のためより自分のために政治家をやっているように見えて、

「小さいなぁ」naku01.gifと思っちゃうくらい、マンデラさんの大きさだったり、深さを感じました。                 

しばらくマンデラさんがマイブームになりそうです!!   横浜晃治

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP